日本人は、なぜ英語が話せないか

 

日本人が英語が話せないわけは、意外と単純です。

 

その前に、少し他の外国人について・・・

外国からのお客様に英語でボランティアガイドをしたり、駅なかの観光案内所で英語で対応していたりすると、1つのことに気が付きます。

 

いま日本に観光で来る外国人はイギリス、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなどの英語を母国語とする国の他、タイ、台湾、韓国、中国、マレーシア、インドネシア、フランス、オランタ、スウェーデン、デンマーク、イタリア、イスラエル・・・、何十という英語を母国語としない国からの方が訪れています。そして、彼らが観光案内所に来た時真っ先に言う言葉が「Do you speak English?」です。(中には流ちょうに日本語を話す人もいますが。)

 

母国語並みに英語が流ちょうな人もいますが、大体の人は日本人が英語を話すのと変わらず、ゆっくりと、「学校で習った英語を話している」と言う感じで話します。つまり、たどたどしかったり、極端に単純な英語だったりします。それでも、お互いに意思疎通ができ、目的を達することができます。また、ときには、日本のことをほめたり、相手の国のことを聞いたりもします。意思疎通としては、別に流ちょうでなくとも、お互い問題はありません。

 

基本的に、現代人は、どこの国の人でもたいがいフランクで、何か失礼なことを言ってしまいギクシャクしたということもほとんどありません。

 

さて、ひるがえって、せっかく英語を勉強している中学生や高校生でもなかなか外国人とコミュニケーションをできないのはどうしてでしょうか。

 

これは、話す訓練が足りないことと、学びっぱなしでメンテナンスができてないことが主な原因と考えています。

 

中学生の状態で、毎日教室で20分ずつ自由に会話させれは、段々慣れていきます。

また、社会人の場合は、教室で覚えて言い方を、絶えず自分でメンテナンスして、いざという時に使えるように、スタンバイの状態をいつも作っておく必要があります。

 

これがないため、いざ話そうとして、言葉が出てこないのですが、これは慣れだけの問題で、知っていることは外国人も、日本人も違わないのです。